HOME>オススメ情報>学費が高くて富裕層が通う幼稚園であること
保育園

環境からすぐに英語に馴染む

幼児期からアメリカやカナダのプリスクールに通わせることは、すぐに環境に慣れて英語を身につける事が容易になります。日本語は家でしっかりと教え、プリスクールでは英語を話すようにルールを決めることで、バイリンガルになることはそれほど難しいことではありません。近頃は、東京などの都市部で幼児期から英語を身につけるために、アメリカやカナダのプリスクールへ通う事が一種のトレンドとなっています。特に、有名人の子供やインフルエンサーの子供などがプリスクールへ子供を通わせていることを公表する傾向が見られ、インターナショナルスクールやプリスクールに憧れる人が増えています。

費用はかなり高額

ただし、注意しなければならないのは、一般的な幼稚園と違ってプリスクールは費用が高額だということです。軽い気持ちで通わせてみたら、学費が想像していた以上に高いことに驚かされた、という人も続出しているようです。幼児期から英語に触れたりなれさせたりすることは有効なことですが、異なる環境のプリスクールに通うためには、それに見合うだけの財力が必要になるということも、予め念頭に置いておくことが必要になります。

裕福な家庭の子供ばかり

幼児期からプリスクールに通う子どもたちは、やはり裕福な家庭の子供が多いです。それだけ教育にお金をかけることができる家庭がプリスクールには多いことがわかります。そうしたことから、ママ友の付き合いにも影響が出てきます。気軽にランチに誘われて参加してみたところ、高級なレストランで1万円以上のランチコースだったりと、普通とは異なる世界です。子供の教育だけでなく、お付き合いを含めてやっていけるかどうかを考えておきましょう。